ペニス増大サプリ|40代でも成功したペニス増大の秘訣!

ペニス増大タバコとペニス増大

禁煙と引き換えに、健康とペニス増大を手に入れる?

ペニス増大を実現するためには、摂取した方良い成分や、行った方が良い生活習慣など、 ポジティブな要素を取り入れることももちろん重要だが、ペニス増大に良くない影響を及ぼす、 ネガティブな要素を取り除くこともまた重要だ。

ペニスの機能や組織成長には、血液供給が何よりも重要であるため、血流を悪くするような要因は必ず避けなければならない。 そして、身近な血流悪化の要因としてタバコがある。

タバコの煙に含まれる有毒物質の害は多岐にわたり、 がんを始めとした様々な生活習慣病をもたらす原因として、現代では忌み嫌われている。

そして、特に強い毒性を持っていることで知られるニコチンや一酸化炭素は、 主に血液や血管に対してネガティブな効果をもたらす。

ニコチンは血管収縮作用があり、特に毛細血管を収縮して末端の血流量を低下させるため、 血の巡りが悪くなり、冷え性やむくみが起こりやすくなる。

毛細血管によって栄養を受けている末端の組織であるペニスは、この影響を最も受ける器官のひとつだと言えるのだ。

さらに、一酸化炭素は本来酸素を運ぶためのヘモグロビンと、酸素の代わりに結合してしまい、 血液量に対しての酸素供給量を大幅に低下させてしまう。

ただでさえニコチンの働きで血流量が減るのに、一酸化炭素のせいで酸素の供給効率まで悪くなってしまうのだ。

この二つの有毒物質によって、ペニスは重度の血流不全状態に陥ってしまい、ペニスの成長が滞るのはもちろん、 場合によっては、勃起不全や射精障害などももたらされてしまう可能性がある。

ペニス増大に有効とされる成分や生活習慣は、どれもペニスに十分な酸素や栄養を供給するために有用なもの。

それらを取り入れたとしても、もしタバコの煙を吸っていれば、ニコチンと一酸化炭素のせいで血流が急激に悪くなり、 その効果を十分に発揮できない可能性がある。

このように、タバコはペニス増大のための努力を全て無に帰す可能性のあるものだから、 許容してはいけないものと言える。

出来ることなら、タバコを吸う量を減らすのではなく、喫煙すべきだ。

タバコの害は一時的なものに留まらない。 タバコの有毒物質は、血管に長期的なダメージを与え、血の巡りを悪くする。

もちろん、体全体にとって非常に有害なことだが、 特に血流量に強く依存しているペニスにとっては、影響が大きいことを知っておかなければならない。

タバコを減らすのではなく、止めてしまうことで、健康とペニス増大の両方を手にできるのなら、 タバコを止めてしまっても良いとは思えないだろうか?

ちなみに、1日1箱タバコを吸っているのなら、その費用でペニス増大サプリを購入することも可能なのだ。

MENU
ページのトップへ戻る