ペニス増大サプリ|40代でも成功したペニス増大の秘訣!

ペニス増大ジェルキングの方法

ジェルキングの方法と注意など

ペニスを大きくしたいけど、手術やグッズに手を出す勇気がないという男性は多くいる。 悩みを打ち明ける友達もおらず、一人で抱えているのであれば、 まずは自宅で簡単にできるチントレから試してみるのも良いかもしれない。

チントレには様々な方法があるが、その一つに「ジェルキング」と呼ばれる方法がある。 ローションやジェルなどを利用して、ペニスを大きくするためのトレーニングを行うのがこのジェルキングだ。

もしもローションやジェルを持っておらず、お風呂で普段使用しているボディソープやシャンプーが目に入っても、 それを利用することは絶対にしてはいけない。 なぜなら、ペニスがヒリヒリするような痛みに襲われてしまうからだ。

ジェルキングを行う時には、まず普段と同じようにお風呂に入った方が良い。 お風呂でお湯につかって身体をあたため、リラックスした状態で行うことで、 より効果を期待することができるし、怪我の防止にもつながるからだ。

お風呂でゆっくりと身体が温まったら、ローションかジェルをペニスと手につける。 たっぷりとつけることでペニスを痛めにくくなるので、ケチらずに使っていこう。

その後、親指と人差し指の指先をくっつけて丸をつくるようにする。 その状態でペニスの根元から先に向かって、絞るようにして少し力をいれて動かしていく。 右手、左手と交互に行い、だいたい5分から10分ほど繰り返していく。

ジェルキングをすることにより、ペニスの根元にたまっていた血液をペニスの先まで流すことができ、 勃起を促したり血流を良くしてサイズを大きくする効果を期待すること期待できる。

勃起はもともと血液が循環して大きくなるので、ペニスの先まで血液を流すことができ、 血液を受け止める受け口となる、海綿体の拡張を促すジェルキングはやってみる価値があるだろう。

ジェルキングを行う注意点は、完全勃起していない状態で行う事だ。

勃起している状態では血管が浮き出るほど血液が流れているので、力をいれすぎてしまうとかえって逆効果になってしまったり、 無理な方法でペニスに圧力が掛かるので、ペニスを傷つけてしまうことがある。

また、ジェルキングは毎日ではなく、定期的に休みをとるようにした方が、効果が上がるとも言われている。

ジェルキングを行うことによってペニス部分の細胞に働きかけ、 休めている間に修復作業を行いペニス部分の細胞が活性化されると言う考えのようだ。

頻繁にジェルキングをしてしまうと、修復よりも細胞への刺激が多くなってしまい、 ペニスへ悪い影響を与えてしまう可能性を懸念しているのである。

また、チントレでペニスが大きくなることもあれば、それほど変化が見られないこともあるので、そこは理解していて欲しい。

更に、チントレにはペニス増大サプリが必要なので、ジェルキングをはじめるなら、ペニス増大サプリも手に入れておこう。

MENU
ページのトップへ戻る